土用の丑の日2015夏はいつ?数え方、うなぎである理由は?

a0002_011798_m

みなさん土用の丑の日にうなぎを食べていますか?

店の前などで時期が来るとよく見かける広告や看板。

何気なく土用の丑の日にうなぎを食べている方も多いんでは
ないでしょうか?

今回は土用の丑の日2015年この夏はいつなのか?

また、気になる土用の丑の日の数え方や、
うなぎを食べる理由をみなさんにお届けします。

スポンサードリンク

土用の丑の日2015今年の夏はいつ何月何日?

土用の丑の日は一体いつなのか?
早めに知っておく事で準備も出来ますし、
損はないですよね。

気が付いたら広告や看板が張り出され、
話題になっていたりと、
「土用の丑の日って今日なんだ」って感じの方も
多いんではないでしょうか?

2015年夏に来る土用の丑の日

7月24日(金)8月5日(水)です。

今年は2回訪れますが、一般的には最初の日
つまり7月24日(金)が土用の丑の日のなるようです。

今年の土用の丑の日のは金曜日なので、
週末という事もあり、お店や家族の食卓にも
夏バテに勝つ美味しいうなぎが並びそうですね。

気になる土用の丑の日わかりやすい数え方は?

a0002_002431_m

土用の丑の日で日について誰もが不思議に思う数え方。

ちょっと説明してみますね。

年や日を子、丑、寅・・・・と云う干支で表現するのは、大昔(飛鳥時代や奈良時代?)、
中国から暦とともに日本にやってきました。

おそらく、その段階から中国に合わせて干支というものが始まったんだと思います。

年が変わっても、子丑寅…十二支のサイクルは継続します。
去年の大晦日が卯なら、今年の元旦は辰と云うことです。

だから、年によって土用の丑の日が変わりますし、今年のように2回ある年もあるのです。

土用の丑の日の「土用」ですが
これは「大体7/20~8/6(年によって1日2日ずれる場合もあり)」となっています。

さらに「丑の日」のほうは1年365日すべてに十二支を割り振っています。

この2つの条件が重なった日が「土用の丑の日」となります。

土用が大体18日程ありますのでその間に丑の日は1日ないし2日はあることになります。

明治6年の太陽暦採用の際も、元旦は甲子ではないようですから、
それ以前のサイクルが継続していたと考えられます。

一番わかりやすいのはカレンダーを見ることですかね。

カレンダーの中には、日付の欄に
十干十二支(甲子きのえね、壬申みずのえさる、etc)の表示のあるカレンダーも有りますから、
それを見て調べるのが簡単だと思います。

カレンダーに表示がない場合は、
最近では干支カレンダーで計算してくれるサイトもありますので、
ご利用されてみてはいかがでしょうか?

関連記事
ゴーヤの苦くない選び方は?苦味を消すには?夏バテ効能は?
夏バテに効く食事メニューは?栄養ある食べやすいレシピは?
しそジュースクエン酸入りの作り方は?効果は?保存方法は?

スポンサードリンク

土用の丑の日にうなぎを食べる理由は?

夏バテ防止に土用の丑の日にうなぎを食べますよね。

実は、これには理由や由来があります。

本来の土用の丑の日の意味は、
土用は基本的に土に感謝する時期であり、
当時は田畑を耕すのに水牛が使われていたのですが、
丑の日は、疲れている牛を休ませる日。
という意味合いがありました。

そして、土用の丑の日は、田畑を休ませ、牛も休ませる日となり、
土と牛にちなんで、黒い物を食べる、という習慣があったそうです。

なので、本来であれば、黒い野菜や黒い魚(鯉・鮒・うなぎ)などを食す日だったそうですが、

とある商売が軌道に乗っていなかったうなぎ屋が、
夏にうなぎを売る方法はないかと
平賀源内の所に相談に行ったそうです。

平賀源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」
という民間伝承からヒントを得て、
「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めたそうです。

物知りとして有名な平賀源内のアドバイスを受け、
そのうなぎ屋は見事大変繁盛したそうです。

その後、他のうなぎ屋もそれを真似るようになり
土用の丑の日にうなぎを食べる風習が定着したといわれています。

平賀源内さんは、今でいうところの「広告プロデューサー」だったわけですね。

スタミナ食としてのうなぎは豊富なたんぱく質や、うなぎの蒲焼き1人前で
1日の必要量の3倍も含まれるビタミンAをはじめ、
B1・B2・E、カルシウム、鉄、EPA・DHAなど、優れた栄養素が高水準で含まれています。

キャッチフレーズで定着した土用の丑の日にうなぎを食べる風習ですが、
実際に栄養もたくさんあるので是非、おいしいうなぎを食して、
夏に負けないようにしましょう。

まとめ

2015年今夏の土用の丑の日は、

7月24日(金)8月5日(水)です。

今年の土用の丑の日は、うなぎを食べる由来や伝承をネタ話に
家族で過ごすのもよいのではないでしょうか?

キャッチフレーズに負けない栄養が含まれる
おいしいうなぎを食べて、夏に負けない元気な日々
過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

さつまいもダイエット効果は?1日のメニューは?レシピは?
ローストビーフスライスは冷凍できる?期限は?解凍の仕方は?
スイートポテトの作り方 簡単レシピは?保存は常温?カロリーは?
ぶり大根あらのレシピ簡単は?臭みを取る方法や冷蔵庫保存は何日?
きゅうりの漬物の種類簡単レシピは?切り方は?日持ちは?
さつまいもご飯の作り方は?品種で甘いのは?塩麹とは合う?
ふろふき大根簡単レシピは?下茹では?味噌だれレシピは?
干し柿の作り方 簡単は?保存方法は?カビあっても食べられる?
枝豆の茹で方美味しい作り方は?冷凍は?ご飯レシピ人気は?
ゴーヤの苦くない選び方は?苦味を消すには?夏バテ効能は?
ローストチキンはどこで買える?丸鶏の焼き方は?ソースの作り方は?
流しそうめんの水をうまく流す方法は?衛生は?病気は?
栗のゆで方 簡単レシピは?渋皮のむき方簡単は?レンジは?
焼き芋落ち葉を使うやり方は?場所は?代わりの焚き火材料は?
とうもろこしの茹で方は?レンジは?焼き方バーベキューは?

Menu

HOME

TOP