熱中症予防高齢者対策は?塩分摂取で高血圧?ドリンク作り方は?

085319

熱中症になる高齢者は年々増加傾向にあります。

高齢者は室内であっても熱中症予防をしないと熱中症になります。

しっかりとした熱中症予防高齢者に行いましょう。

今回は、高齢者向けの熱中症予防

塩分取り過ぎでの高血圧にならないかの心配について

また、おすすめの簡単高齢者でも飲みやすいドリンクの作り方
紹介します。

スポンサードリンク

熱中症予防に高齢者向けの対策は?

一般的に熱中症といえば、汗を大量にかき、水分、塩分が失われるスポーツや
暑熱仕事場でよく起こると思われがちですが、

熱中症は室内でも起こります。

盲点なのは、高齢者などの汗をかかないで
徐々に熱中症になってしまう場合です。

高齢者の熱中症の大半は室内で起こっています。

高齢者は汗をかかないので、水分を失っている感覚が鈍いです。

体表からも呼吸でも水分は奪われていき、
気づかないうちに熱中症で倒れてしまう場合もあります。

熱中症予防をしっかり高齢者にしてあげて熱中症を防ぎましょう。

☆クーラーをうまく使用する

高齢者は冷房や風が苦手な方が多く、クーラーを嫌がります。

ですが、クーラーで室内の気温を下げてあげないと、
水分を失い、熱中症になってしまします。

クーラーの温度設定を20℃などの低い温度にしてしまうと
体感温度が急激に冷えて寒いと感じますが、

28℃くらいの温度にしておけば快適な温度なので
高齢者にとっても負担になりません。
(私の家ではこの方法を実施しています。)

高齢者に合わせたクーラーの温度設定にしてあげましょう。

☆部屋にいてもこまめに水分を取る

高齢者に「こまめに水分を取ってね」
と言ってもなかなか水分を取ってくれないものです。

高齢者は汗をかかないので水分を失っている感覚が鈍いので

・高齢者の近くに水筒を置いておく。

・500mlの冷やしたペットボトルにタオルを巻いて置いておく。

こうした近くに水分があるという状況を作ってあげる事で、
高齢者は水分を取ってくれます。

また、500mlの冷やしたペットボトルにタオルを巻いて置けば
夏の暑い時期、冷たいタオルは気持ちのよいものですから、
それだけでタオルの下にある水分はおいしそうに感じます。

是非、試してみて下さい。

☆室内で長袖を着ない

室内で長袖を着ていて熱中症になる高齢者のケースは
多いとされています。

クーラーで体が一瞬に冷えて寒いから長袖を着てしまう。

しかし、実際は暑い環境なので体から水分が失われます。

高齢者に長袖を着なくても過ごせる環境を作ることが大事です。

やはり、クーラーの設定温度を28℃の快適温度にして
あげる事がよいでしょう。

また、体が冷える前に窓を全開に開けて自然の風を取り入れたり
するのも良いでしょう。

高齢者であっても人間の身体は環境に順応できるようにできています。

大切なのは高齢者に普段から熱中症予防の環境に慣れてもらうことが
一番の対策ですので、ご家族の高齢者に合った環境を作り、
高齢者の熱中症を防いでくださいね。

http://熱中症情報.com/cont4-2.html

関連記事
熱中症対策グッズ子供用は?首は?症状で熱が出る理由は?
熱中症症状は子供に熱が出る?対策や予防は?風邪との違いは?

スポンサードリンク

熱中症予防に塩分取り過ぎで高血圧の心配は?

一般的に熱中症予防に塩分を摂取と言われますが、
室内にいる高齢者の場合は汗をかかない為、
梅干しなどの塩分を過剰に摂取する必要はありません。

むしろ、高血圧にならないように日常から塩分控えめの生活に
慣れなければなりません。

塩分を摂取する目安としてはだらだらと汗が流れる状態が
30分以上続く環境下の場合、塩分の補給が必要です。

夏に塩分を多めに摂ったからと言って高血圧になりやすいとは考えにくいですが、
標準的な日本人はそもそも塩分を過剰に摂取している傾向にあるので
意識して摂る必要は無いのです。

塩分を摂取するよりも、
水やミネラル豊富な麦茶など、こまめな水分補給が大切です。
また、夏場が旬のスイカは、水分と電解質が摂れますので、
夏場のオヤツとしても最適です。

室内にいる高齢者には汗をかかない為、
熱中症予防として過剰に塩分を摂取する必要はありません。

塩分よりも水や麦茶などの水分を摂取しましょう。

熱中症予防の手作りドリンク作り方は?

高齢者の方はスポーツドリンクなど、熱中症予防の
飲み物のをあまり好みませんよね。

そこで手作りのドリンクを作ってみるのはどうでしょう。

夏においしく高齢者にも飲みやすいドリンクを作る事で、
高齢者だけでなくご家族の熱中症予防にもなりますよ。

無塩のトマトジュース(300 mL) に食塩2.5g、砂糖24g を加えて、
水(700m L) で薄めると、おいしくて飲みやすくなります。
http://sic-info.co.jp/sic/goods/news/sample5.pdf

是非、試してみて下さい。

まとめ

高齢者熱中症予防は外で汗をかいている人の
熱中症予防とは異なります。

夏であっても室内にいる高齢者は汗をあまりかかない為、
過剰な塩分を摂取する事は控えましょう。

お手製の手作りドリンク高齢者とともに
普段から熱中症に負けない体づくりをしましょうね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

熱中症対策グッズ子供用は?首は?症状で熱が出る理由は?
ゴーヤの苦くない選び方は?苦味を消すには?夏バテ効能は?
日傘uvカット100遮光折りたたみおすすめは?白黒効果は?
くせ毛の前髪メンズでも活かすセットであなたも印象が変わる!
冷え性で足のむくみは治る?汗かきは?しびれの原因は?
プロテインダイエット筋トレは?飲むタイミングは?おすすめは?
冷え性改善グッズおすすめは?運動や食事、飲み物は?
口臭の原因と改善方法は?チェックを自分でするには?朝は?
乾燥肌対策 顔が気になる男は?腕は?マスクは効果ある?
健康にジョギングは?ウォーキングと違いは?ダイエットはどっち?
手の湿疹のかゆみ水泡対策は?汗やストレスは影響する?
痩せる筋トレメニュー女性は?食事制限は?短期間1ヶ月は?
食後すぐ寝ると太る?ダイエットに影響する?体制は重要?
夏バテに効く食事メニューは?栄養ある食べやすいレシピは?
ニキビが気になる場所にできる原因は?男の顔の対策は?

Menu

HOME

TOP