熱中症症状は子供に熱が出る?対策や予防は?風邪との違いは?

080587

3歳未満の子供は、ぐったりしてがあっても
熱中症の症状をうまく伝える事ができませんよね。

だからこそ親が知っておかなければならない
熱中症の症状で熱が出るなどの熱中症の症状についてや
対策や予防

また、熱中症の症状と似たが出る風邪との違いや
その他の病気についての情報をお伝えします。

スポンサードリンク

熱中症の症状 子供は熱が出る?

3歳未満の子供は辛い症状をうまく伝える事ができません。

だからこそ、親が常に子供を見て、熱中症の症状
気づいてあげなければなりません。

熱中症は外でも室内でもなります。

熱中症になりやすい状況は、高温、多湿、無風の環境です。
高温なのに多湿だと汗をかきづらくなり、汗をかいても無風だと
汗が乾かず気化熱によって体温が下がりません。

熱中症の症状 3歳未満の子供の場合、

まず、ぐったりします。
*子供がぐったりしていて普段と違うと思ったら熱を測ってみて下さい。

そして高熱と脱水になります。

熱中症になると、38℃以上の高熱になり、なかなかが下がりません。
脱水は特に注意すべきで、
子供が脱水になると、唇がカサカサに乾き、おしっこが出ない
おでこがペコンとへこんだままで、顔色はドス黒くなります。

3歳未満子供の熱中症の症状
・ぐったり。
・38℃以上の高熱が続く。
・唇がカサカサ。
・おしっこが出ない。
・顔色がドス黒い。

などの症状が子供に見られる場合は、熱中症と疑い、
係りつけの病院に行って下さい。

熱中症 子供の場合、1週間ほどで良くなりますが、

高熱が5日以上長く続く場合は、川崎病という冠血管動脈瘤になる
病気の可能性がある病気かもしれません。

高熱が治まらない場合は、出来るだけ早く病院へ行って下さい。

川崎病症状
http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/kawasakibyou1.htm

熱中症の症状の対策や予防 子供の場合は?

子供が熱中症にならない為の最大の対策や予防は水分補給です。

ですが、3歳未満の子供は自ら水分を補給してくれませんよね。

だからこそ、3歳未満の子供が水分を取るように、親が常に、
お茶やイオン水などの水分持ち歩く必要があります。

熱中症対策や予防の水分補給としてスポーツドリンク
良いとされていますが、3歳未満の子供の場合は、
お茶や白湯でも十分に熱中症対策や予防の水分補給になります。

子供の体温は、大人より高い為、汗をかきやすいです。
とにかく水分を与える事が3歳未満の子供にとって
最大の熱中症対策や予防になります。

注意

間違っても大人が飲んでいるスポーツドリンクは与えないで下さいね。
大人が飲んでいるスポーツドリンクは3歳未満の子供には
塩分や糖分が多すぎる為、虫歯だらけになってしまいますよ。

あとは、出来るだけ高温、多湿を避ける為、涼しい環境作り
行うのも熱中症対策や予防の一つです。

室内であれば、クーラーや扇風機を使用し、冷たいではなく、
涼しい環境
を作る事も重要です。

注意

*室内でクーラーで冷たいくらいの温度にしてしまうと
子供は汗をかきにくい体になり、新陳代謝が悪くなってしまうので
クーラーの温度設定は涼しいと感じるくらいの温度設定にしてあげて
下さいね。

外ならば、ベビーカーやチャイルドシートの背中に冷凍してある保冷剤をタオルで
巻いたものをあててあげるなどしてあげれば良いでしょう。

外であっても室内であっても、常に水分を持ち歩き、
こまめに水分を子供に与えてあげる事が重要ですので
暑い時期は、子供の水分を常に必需品として持っていき、
熱中症から子供を守ってあげて下さいね。

関連記事
熱中症対策グッズ子供用は?首は?症状で熱が出る理由は?
熱中症予防高齢者対策は?塩分摂取で高血圧?ドリンク作り方は?

スポンサードリンク

熱中症の症状と風邪との違いは?

熱中症の症状と風邪の症状はよく似ている為、
判断がつきませんよね。

熱中症と風邪の共通点としては、高熱になります。

3歳未満の子供なら熱中症でも風邪でも高熱が続く
事が多くあります。

・鼻水
・咳

などの風邪の諸症状があれば風邪と判断できるでしょう。

・脱水
・おしっこが出ない

などの症状なら熱中症の可能性が高いです。

しかし、風邪や熱中症の症状が無く、高熱が続いた場合は、
他の病気かもしれません。

1週間くらい高熱が続き、熱がなかなか下がらない場合は、
肺炎になっている可能性があります。

3~4日40℃前後の高熱が続く突発性発疹も考えられます。

いずれにせよ、係りつけの病院に迷わず行く事をおすすめします。

素人があれこれ考えても病気を治す力は、明らかに医者の方が
ありますからね。

小児科医であっても、あなたのお子さんを毎日見ているわけでは
ありませんし、ましてや3歳未満の子供となるとうまく喋れない為、
お子さんの症状の情報はあなたからという事になります。

3歳未満の子供は自分の症状をうまく伝える事が出来ません。
つまり、あなたのお子さんのカルテあなたによって作られるというわけです。

だからこそ、毎日の子供の何をして、何を食べたかなどの観察記録
こまめに取り、病院の先生に詳しく伝えてあげる事が、
子供の病気を治す上で一番の最善策となりますので、
是非、日頃から子供の観察記録を取る事をおすすめします。

まとめ

3歳未満の子供は熱を出すことが多いです。

暑い時期になると、子供は汗を大量にかくので熱中症の
心配もあります。

熱中症の症状として熱が出ますが、風邪の症状でも
熱が出ます。

熱中症なのか風邪なのかを考える前に、
子供に普段と違う症状があれば、まず病院に連れていってあげて下さい。

大切なのはあなたの子供の観察力です。

日常から子供の観察記録を取り、
子供がいつも元気で笑っていられるよう守ってあげてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ボルダリングシューズ初心者おすすめは?痛い時は?洗濯は?
健康にジョギングは?ウォーキングと違いは?ダイエットはどっち?
インフルエンザで微熱が続く頭痛がある症状は?病院は何科へ行く?
日傘uvカット100遮光折りたたみおすすめは?白黒効果は?
食後すぐ寝ると太る?ダイエットに影響する?体制は重要?
水は健康のもとニキビに効果的?体の場所や顔の解決方法は?
ゴーヤの苦くない選び方は?苦味を消すには?夏バテ効能は?
インフルエンザ予防接種の副作用 厚生労働省は?アレルギーは?
痩せる筋トレメニュー女性は?食事制限は?短期間1ヶ月は?
くせ毛の前髪メンズでも活かすセットであなたも印象が変わる!
熱中症予防高齢者対策は?塩分摂取で高血圧?ドリンク作り方は?
くせ毛を活かす髪型はメンズパーマ!セット方法は?
インフルエンザ感染にマスクの効果は?使い方は?捨て方は?
冷え性で足のむくみは治る?汗かきは?しびれの原因は?
プロテインダイエット筋トレは?飲むタイミングは?おすすめは?

Menu

HOME

TOP